So-net無料ブログ作成

湯シャン三ヶ月目の経過記録 週二回の湯シャンでOK!【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して三ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から三ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
三ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して三ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

基本的には感じません。
丁度よく全体がさらっとしつつしっとりしてます。
最近気温が上がってきたので
暑い日や汗をかいた後にはやや気になる場合も。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
少し臭いはするけど、
頭に鼻をつけるほどじゃなければ
他人には何とも思われない程度。

【髪の毛の状態】

確実に髪の毛が元気になってます。
湯シャンを始める前は
髪の毛のボリュームが出にくかったのですが、
今はコシが復活しているおかげで
むしろボリュームをおさえないといけないぐらいに。

【地肌の状態】

少し前はかゆみが多少あったけど
現在はかゆみは全然ないです。
多少気になる時にはブラッシングすれば問題なし。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



湯シャンを始めてから
毎日湯シャン

一日おき湯シャン

二日おき湯シャン
とやってきて、
特に困ったこともなかったので

現在では二~三日おきの湯シャンにしてます。

「そろそろ洗いたいなー」と思うのが
三日ぐらい放置したあとなので、
二日、三日と日を決めずに気分で湯シャンしてます。

だいたい週に2回ぐらい洗う感じで。
週末におでかけする前日には洗ってます(笑)。


最近の湯シャンのやり方は以下の通りです。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみも感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

洗わない日はブラッシングを忘れがちなので、
朝起きて髪を整えるときには
ブラッシングするようにしてます。

少しかゆい時にはブラッシングすれば
気になりません。

【お湯の温度】

気温が上がってきたので
現在は36度くらいにしています。

37~38度くらいだともっとあぶらっぽさが
とれる感じがするのですが、
お湯の温度が高いと洗浄力が強すぎる、
という話をどこかで読んだので
落ちきっている感じがしなくても温度は
低めの方がよさそうです。

【指づかい】

これはずっと変わらず。
指の腹を使って頭皮全体なでた後、
少し髪の毛を持ち上げるようにして根本にぬるま湯をかけて
頭皮についている皮脂を流します。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
水をたっぷり使って根本から流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。

その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、三ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)


面倒くさがりの私としては、
湯シャンの回数が週2回と楽になり、
本当に嬉しいです!

このまま順調にいけば、
4、5日おきになるかもしれないし、
一週間に一回の湯シャンで平気になるかもしれない!

現時点ではそんな日が来るとは
思えない状態ですが、
いつかそうなれば嬉しいですね^^


まあ、現時点では無理して4日あける、
という感じにはしたくないので
放置しても髪の状態が悪くならないなら
だんだん伸ばしてみる、という感じにしたいですね。


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン三ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。