So-net無料ブログ作成
検索選択

湯シャン五ヶ月目の経過記録 週二回の湯シャンが続く【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して五ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から五ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
五ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して五ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

基本的には感じません。
気になったらブラッシングすれば
気にならなくなります。
湯シャンしないで3日経過すると
あぶらっぽさを感じるように。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
三日ぐらい湯シャンしていないとさすがに臭いはします。
でも、よっぽど近づかないと臭いはしないはず。
気になるなら夏場は1日おきとかこまめにするといいかもだけど、
めんどくさいので3日おきぐらいにしちゃってる。

【髪の毛の状態】

確実に髪の毛が健康になった。
細いとかコシがない、という状態とは無縁に。
でも、元気すぎてもともとのクセがちょっと出てきてるかも。

【地肌の状態】

3日ぐらい湯シャンしないと多少かゆみを感じるけど、
もう少しこまめにやればかゆみは感じない。
気になる時にはブラッシングすれば問題なし。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



現在も引き続き、二~三日おきの湯シャンで定着。

だいたい週に2回ぐらい洗う感じで。
週末におでかけする前の金曜日と
あとは間をとって火曜日に洗ってます(笑)。


最近の湯シャンのやり方は以下の通り。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみも感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

面倒くさがりなので、髪を洗う時以外に
ブラッシングしていないのは反省。

【お湯の温度】

暑い日には35度くらいにして洗ってます。

温度低めだと気持ちいいですが、
丁寧に洗わないとアブラが落ちていない感じもするかも。

【指づかい】

これは現在も変わらず。

指の腹を使って頭皮全体なでた後、
少し髪の毛を持ち上げるようにして根本にぬるま湯をかけて
頭皮についている皮脂を流します。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
水をたっぷり使って根本から流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

これも引き続き変わらず。
お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。
その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、五ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)

湯シャンに変えてから整髪料も
一度ワックスを使ったのみなので、
髪の毛は完全に元気になっています。

でも、整髪料を使わないと
現在の元気な髪の毛は広がりやすく、
髪の毛を整えたい場合などはどうするべきか困りどころ。


ワックスを使いたいところだけど、
ワックスを使ったら
石鹸で髪を洗わないといけない。

でも、石鹸はできれば使いたくない。

というせめぎあい。


困ったものですが、
一ヶ月に一回ぐらいなら石鹸を使っても平気かな?
と最近では思うように。

ブローだけではまとまらず、
どうしても整えたい時だけ
今後はワックスを使おうかな、と思っています。

たぶん年に数回程度になりそうですが・・・。


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン五ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。