So-net無料ブログ作成
検索選択

湯シャンは危険?!シャンプーする習慣の方がもっと危険だった!【脱シャンプー】 [湯シャンを考える]

「湯シャンは危険」だという話が
一部の人の間で噂されていますが、
本当に湯シャンは危険なものなのでしょうか。

今回は、一部の人が噂している
「湯シャンは危険」という話を
真剣に考えてみたいと思います。


スポンサードリンク




湯シャンが危険って本当?!シャンプーを使うのが安全なのか



お湯だけで髪の毛を洗うこと、
いわゆる「湯シャン」が
一部の人の間で危険視されているようです。

「湯シャンは危険だ」と言っている人は、
一体どのような理由で危険視しているのでしょうか?


一般的に言われている理由を挙げてみます。

1)シャンプーを使わないと
汚れがとれずに菌が繁殖して衛生上よくない

2)シャンプーを使わないと
汚れが落としきれずに臭いやフケの原因となる

ということらしいです。


1も2も、しごくまっとうな理由に思えますが、
赤ちゃんや小さい子供の中には
シャンプーを使わずに
ぬるま湯だけで髪を洗っている子もいますよね。

そういう子たちがシャンプーを使わないせいで
頭皮や髪の毛に問題が出るという話を
聞いたことがあるでしょうか?

ありませんよね。


「赤ちゃんや子供と大人の髪は違う」
という反論もあるかもしれませんが
赤ちゃんや子供だって汗をかきますし
皮脂だって出ます。

それらはぬるま湯で洗うだけで
ちゃんと落とせているし、
何も問題はありません。


では、なぜ大人の湯シャンは
ここまで危険だと言われているのかというと、

大人の場合は

・シャンプーを長年、毎日使ってきている

・整髪料を毎日使っている

ことが問題なのです。


普通の人は、子供から大人になる過程で
毎日シャンプーを使って
髪を洗うことを教えられ、
それが当たり前の習慣になります。

そうなると、ものすごく洗浄力の強い
シャンプーのせいで
頭皮の健康を守る良い菌が
全て殺されてしまいます。

そのため、シャンプーを使い続けないと
万が一悪い菌が頭皮についてしまった場合、
皮膚を守る良い菌がいないため、
頭皮にトラブルが発生してしまうのです。


スポンサードリンク




つまり、「湯シャンが危険」だというのは
「ずっとシャンプーを使ってきた人が
いきなり湯シャンに切り替えると危険な場合がある」
というだけで、

生まれたときからずっと湯シャンを続けていれば
良い菌はずっと頭皮にいて守ってくれているので
悪い菌によってトラブルが起こる、なんてことは
ないのです。

「シャンプーを使わないと危険」というのは
シャンプーを使うことが習慣になってしまったせいで
起こる原因。

本来、シャンプーを使わないことで
メリットは数多くあれど、
デメリットはないのです。


もし、シャンプーをこれまで毎日ガンガン使ってきて
いきなり湯シャンにきりかえるのが怖い、
というのであれば

湯シャンを週に1回から試し(他の日はシャンプー使用)、
だんだんと湯シャンの頻度をあげていくようにすれば
急激な変化もなくトラブルも起こらないでしょう。




さらに、二つ目の理由となる整髪料ですが、
これは当然ですよね。

整髪料をつけているのであれば、
それを落とさないと頭皮や髪に悪い。

湯シャンでは強い整髪料は落としきれないため
シャンプーを使うことがすすめられているのです。


ですが、整髪料も毎日必ず使わなければいけないものでしょうか?

「整髪料を使う=シャンプーを使う」という事に
なってしまう訳ですから、
髪の健康のためには
整髪料を使う回数を控えるべきだと思います。

もし整髪料をどうしても毎日使いたい!
というのであれば
シャンプーではなく純せっけん
髪を洗うようにすれば
シャンプーよりも髪への害を減らせます。


という訳で、結論としては
「湯シャン自体に危険性はない」
「危険なのはシャンプーの習慣と整髪料」
ということになりますね。

とはいえ、いきなり始めるのが怖いのであれば、
是非少しずつ湯シャンに切り替えるようにして
無理せずに試してみるのもおすすめですよ。


以上、
「湯シャンは危険?!シャンプーする習慣の方がもっと危険だった!【脱シャンプー】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。