So-net無料ブログ作成
検索選択

湯シャン中の頭皮のかゆみは我慢するべき?知っておくべきかゆみを軽減する唯一の方法とは [湯シャンのコツ]

湯シャンを実践しはじめて、
頭皮のかゆみが気になるという人は多いようです。

湯シャンをしていく上で起こる、
頭皮のかゆみは我慢するしかないのでしょうか。

今回は、湯シャン実践中の頭皮のかゆみ対策について
まとめてみました。


スポンサードリンク




湯シャン中の頭皮のかゆみは我慢するしかない?



ずっとシャンプーを使っていた人が
湯シャンに切り替えると
頭皮のかゆみを感じる場合があります。

これは多くの人が感じるようで、
頭皮のかゆみが起こってしまうことで
「やっぱりシャンプーを使わないとダメだ」
と湯シャンに挫折する原因の一つでもあります。


なぜ、湯シャンを実践していくと
頭皮のかゆみが起こるのか?

簡単に言ってしまうと

湯シャンで汚れを落としきれていないから

なのです。


こう書いてしまうと
「やっぱり湯シャンってダメなんだ」
と思われてしまいそうですが、
そうではありません。


正しい手順で湯シャンを行っていないから
頭皮や髪の毛の汚れが落とせていないのです。

では、頭皮のかゆみを起こさないようにするには、
どうすればいいかというと、

「ブラッシングの強化」

これにつきます。


スポンサードリンク




正しい湯シャンの手順としては、
髪をぬるま湯で洗う前に
ブラッシングをする必要があります。

この時、ブラッシングは適当にすませるのではなく、
丁寧に地肌をいためないように、
あらゆる角度から何度も行いましょう。

そうすることで地肌や髪の毛の根本に付着している
汚れや皮脂を浮かすことができ、
湯シャンで洗い流すことができます。


このブラッシングを適当にやったり
省略して湯シャンをしてしまうと
ただ髪を塗らしただけになってしまい
髪や頭皮の汚れを落とすことができません。

そのため、湯シャンした後も
頭皮のかゆみを感じてしまうのです。



ですが、湯シャンを始めたばかりの人は
頭皮がその状態に慣れていなかったり
湯シャンがうまくできずに
汚れを落としきれていなかったりする事もあり、

ある程度の期間が経過して慣れるまでは
頭皮のかゆみを感じやすかったりします。

このように、ブラッシングしてから
湯シャンをきちんと頑張っても
頭皮にかゆみが出る場合もありますが、

こういう時もブラッシングをするだけで
かゆみのもととなる汚れを浮かすことができるので
かゆみが軽減されます。


とにかく、湯シャン前のブラッシング、
そしてかゆみを感じたらブラッシング、
という風にブラッシングする習慣をつけるようにしましょう。

そうすればいつの間にか頭皮のかゆみも
感じなくなってくるはずです。



以上、
「湯シャン中の頭皮のかゆみは我慢するべき?
知っておくべきかゆみを軽減する唯一の方法とは」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。