So-net無料ブログ作成
湯シャン経過記録 ブログトップ
前の10件 | -

湯シャン一年半目の経過記録 脱シャンプー成功への道 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、脱シャンプーを実践しています。

とうとう、湯シャンを始めてから一年半がたちました。
湯シャンを開始して一年半目の経過記録です。


スポンサードリンク



湯シャン開始から一年半目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
一年半目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して一年半目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

数ヶ月前から週1回から週2回に湯シャンの頻度を再度増やしました。
湯シャンしてから3日ぐらいたつとややあぶらっぽさを感じます。
髪の毛の状態はいいです。
健康な髪って感じです。

【地肌の状態】

4~5日ぐらい湯シャンしないとかゆくなるのは前と同じ。
あと、汗ばむぐらい動くと皮脂が多く出るのかかゆくなりやすく気がします。
気になった時にはとりあえずブラッシングすればおさまります。
数ヶ月ぐらい前はフケがすごく気になりましたが、ここ最近は忘れてしまうぐらい気になりません。
湯シャンの頻度を週1から週2に増やしたおかげか?
または頭皮が湯シャンに慣れてきたせいかもしれません。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



4~5日に一回の湯シャンからさらに週に一回の湯シャンに減らしましたが、最近では週2回に再度増やしました。

なぜかというと、夫に「頭からオジサンっぽい臭いがする」と言われたからです。

自分でもたまに皮脂の臭いを感じることはあったので、残念ですが湯シャンの頻度を増やすことにしました。

やはり人に不快感を与えてしまうのは良くないので、嫌な臭いがしないように工夫しています。

そのおかげか、最近では夫に何も言われなくなりました。

最近の湯シャンのやり方は以下の通りです。


【ブラッシング】

ブラッシングは髪を洗う前には念入りに。
全ての髪の毛を上下左右からとかすようにかなり時間をかけています。
使っているのはブラシではなくクシ。
ブラシはお手入れが面倒なのでクシにしちゃってます。
その分、ブラッシングは丁寧に。

あと、髪に不快感を感じるときにもブラッシングをするようになりました。
かゆいときとか、まとまりにくいときとか。
かゆいのはかなりおさまりますね。

【お湯の温度】

できるだけ高くしないように心がけています。
春夏は36度くらいにしていました。


スポンサードリンク




【指づかい】

あまりゴシゴシこするのはやめて、全ての髪の毛根にぬるま湯が当たるようになでる感じにしています。

ちなみに、最近ではあぶらっぽさを感じてきたら、クエン酸を洗面器の水にとかして、それを地肌に行き渡らせてシャンプーするようにもみこむと、髪の間でくっついている皮脂もとれやすく、指通りが良くなるので月に2回くらい使ってます。

クエン酸はこういうの↓




さらに、もっとしっかり洗いたいときは小麦粉をダマにならないように水に溶かしたものにクエン酸も溶かし入れたものをシャンプーとして使うとかなりきっちり皮脂がとれます!

皮脂をとりすぎるのも心配なので、小麦粉は月に一回以上はやらない方がいいかと思ってます。

でもせっけんを使うより髪や地肌にはやさしいはずなのでこれを続けていこうと思います。


【湯シャン後】

これは以前と変わりません。
お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。
その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

湯シャンを開始して1年半が経過し、反省すべき点もでてきて工夫を始めてみました。

お湯の温度を下げて週に二回の湯シャンにする、たまにクエン酸を使う、さらにたまに小麦粉とクエン酸を使う、という方法でなんとかなっています。

一番ひどかった時期に比べれば、臭いは気にならなくなったので、とりあえずこのまま続けて様子見しようと思います。

次の目標は小麦粉を使わなくてもいいようにすることかな。
クエン酸とぬるま湯だけでいけたらいいなと思います。
(あと週1回に戻せたら最高!)

また湯シャン実践レポートしますので、次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン一年半目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク




共通テーマ:美容

湯シャン一年目の経過記録 頻度は週2回に戻した方がいい?【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

とうとう、湯シャンを始めてから一年がたちました。
湯シャンを開始して一年目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から一年目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
一年目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して一年目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

週1回の湯シャンを数ヶ月続けていますが、
洗ってから4日目以降はあぶらっぽさを感じます。
ちょっとぺちゃんこになる感じ。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
4日ぐらい湯シャンしていないと臭ってきます。
週2回ぐらい湯シャンしていた頃は何も言われませんでしたが、
最近夫が「髪の毛がにおう」と言うように。
でも、よっぽど近づかないと言いませんが・・・。
たまに頭を振ったりすると自分で臭いを感じることがあるので、
さすがにヤバイかなと思い始めてきました。

【髪の毛の状態】

髪の毛は健康そのもの。
けっこう伸びるのが早くなってきた気がします。

【地肌の状態】

4~5日ぐらい湯シャンしないとかゆくなりますね。
かゆみが気になったらブラッシングすればおさまります。
ただ、週に1回の湯シャンにしてから大きなフケが目立つようになりました。
なので、あまりガシガシブラッシングするのも怖い・・・。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



4~5日に一回の湯シャンからさらに週に一回の湯シャンに。
頻度を少なくしてやってみています。

ただ、上でも書いた通り4~5日に一回から週に一回にしてから、
かなり髪の状態がかわりました。
前よりあぶらっぽくなってる気がします。
臭いもあるし・・・(汗)。

でも、これは冬に突入してお湯の温度をあげたり、
あぶらを落とそうと必死に洗ったりしていたせいもあるのかも。

最近の湯シャンのやり方は以下の通り。

【ブラッシング】

ブラッシングは髪を洗う前しかやりません。
丁寧にやっていますが。

ブラッシングをすることで余分なあぶらや臭いがとれるそうなので、
これからは洗う前じゃない時にもやろうかと。

【お湯の温度】

冬の間は38度くらいにしていました。
それでも寒く感じていたのですが、高すぎるのも良くないので。

38度にするとあぶらが落ちていくのを感じます。

【指づかい】

週1回の湯シャンにしてからあぶらっぽくなったので、
その分しっかり洗っていました。
指の腹を使ってゴシゴシって感じで。

でも今思えば、頑張って落としすぎたのがいけなかったのかも。
そのせいであぶらがより出るようになってしまったのかな。

【湯シャン後】

これは以前と変わりません。
お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。
その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

湯シャンを開始して1年近くになって、やや問題発生。

全体的にあぶらっぽさを感じるし、臭いも指摘されるほどになってしまいました。
(頭に近づいて臭いをかがれた時ですけどね)

さすがにこれには凹みましたね。
多少は臭って当然!とは思っているけど、「臭い」と言われてしまうと辛い。

湯シャンをしていると、シャンプーの臭いとは違う、別の臭いがするようになると言われていますが、
それはクサいにおいではないそうなので、
やり方を間違えてしまったのかも。


凹んでしまったので、宇津木龍一先生の本を読み返したりして復習。

そこで改善案として思いついたのは、

・ブラシ(クシ)をこまめに掃除する
・洗う前にはより丁寧にブラッシングする
・お湯の温度を36度以下にする
・洗う際はゴシゴシせず、軽くなでて流す程度にする
・まんべんなく洗えるように洗面器などを使って工夫する
・それでも改善しなければクエン酸で洗う

などです。

さすがに夫に臭いと言われてしまっては夫に申し訳ないので、
週2回の湯シャンに戻してつつ、上の改善案を試してみようと思います。

うーん、ズボラな私には週1回の湯シャンがいいんだけどなぁ。

でも、さすがに臭い人になるのは嫌なので、色々試行錯誤しながらやってみたいと思います。

で、慣れてきたらまた週1回にチャレンジしたいです!!

また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン一年目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン六ヶ月目の経過記録 頻度は週2回~週1回へ【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して六ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から六ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
六ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して六ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

基本的には感じません。
暑い日が続くとちょっと気になる時も。
普通にしていれば湯シャンしないで4~5日経過すると
あぶらっぽさを感じるように。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
4~5日ぐらい湯シャンしていないとさすがに多少の臭いはします。
でも、よっぽど近づかないと臭いはしないはず。
湯シャンに身体が慣れてきたのか始めた当初に比べ、
臭いがしはじめるまでの時間が長くなった気がします。

【髪の毛の状態】

髪の毛はいたって健康です。
一ヶ月前まで気になっていたクセは
今は落ち着いてきています。

【地肌の状態】

4~5日ぐらい湯シャンしないと多少かゆみを感じるけど、
もう少しこまめにやればかゆみは感じない。
気になる時にはブラッシングすれば
かゆみは気にならなくなります。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



以前よりも湯シャンの頻度は少なくなってきて、
今では4~5日おきの湯シャンで定着。
だいたい週に1~2回ぐらい洗う感じで。

少し前までは3日に一回ぐらいの頻度だったのですが、
体調が悪くてお風呂に入れなかったりして
一週間湯シャンしなかった事があり、
それで髪や地肌が慣れたというか
「一週間に一度でも平気じゃん」ってなったので
さらに頻度が減っています。


少し前までは週末にお出かけするため、
前日の金曜日に洗ったりしていました。

ですが、最近は洗った直後は脂分がガクンと減ってしまって
髪がまとまりにくくなるため
あえてお出かけする2日前ぐらいに洗うように。


最近の湯シャンのやり方は以下の通り。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみもあまり感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には
必ず時間をかけて丁寧にやります。

髪のパサつきが気になる時にも
ブラッシングするようにしています。

【お湯の温度】

最近では基本に忠実に、
35~36度くらいにして洗ってます。

温度低めだと気持ちいいですが、
丁寧に洗わないとアブラが落ちていない感じもするかも。
でも38度ぐらいにするとてきめん、
アブラが落ちまくって髪がパサつくのを感じるようになったので
36度ぐらいが丁度いい気がします。

【指づかい】

これは現在も変わらず。

指の腹を使って頭皮全体なでた後、
少し髪の毛を持ち上げるようにして根本にぬるま湯をかけて
頭皮についている皮脂を流します。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
(これをやりすぎるとアブラが落ちすぎる)
水をたっぷり使って根本から流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

これも引き続き変わらず。
お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。
その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、6ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)

上でも書きましたが、
湯シャン(というか、洗浄料を使わないこと)に
髪の毛や地肌が慣れてきたようで
湯シャンの頻度が少なくなっても
かゆみやあぶらっぽさは感じなくなってきました。

逆に、湯シャンを丁寧にやりすぎたり
お湯の温度を高くしたりすると
必要な脂が奪われて
髪がパサつくようになってきました。
(湯シャンした次の日はややパサつく)

おそらく、湯シャンを開始した当初よりも
分泌されている皮脂量が落ち着いてきたためでしょう。


これからはもう少し湯シャンの時間を短くしたりなど
皮脂を落としすぎない工夫をしないといけないかも。

でも、週2回の湯シャンが週1回になったので
さらに楽チン!!
面倒くさがりの私には最高です^^


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン六ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン五ヶ月目の経過記録 週二回の湯シャンが続く【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して五ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から五ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
五ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して五ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

基本的には感じません。
気になったらブラッシングすれば
気にならなくなります。
湯シャンしないで3日経過すると
あぶらっぽさを感じるように。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
三日ぐらい湯シャンしていないとさすがに臭いはします。
でも、よっぽど近づかないと臭いはしないはず。
気になるなら夏場は1日おきとかこまめにするといいかもだけど、
めんどくさいので3日おきぐらいにしちゃってる。

【髪の毛の状態】

確実に髪の毛が健康になった。
細いとかコシがない、という状態とは無縁に。
でも、元気すぎてもともとのクセがちょっと出てきてるかも。

【地肌の状態】

3日ぐらい湯シャンしないと多少かゆみを感じるけど、
もう少しこまめにやればかゆみは感じない。
気になる時にはブラッシングすれば問題なし。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



現在も引き続き、二~三日おきの湯シャンで定着。

だいたい週に2回ぐらい洗う感じで。
週末におでかけする前の金曜日と
あとは間をとって火曜日に洗ってます(笑)。


最近の湯シャンのやり方は以下の通り。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみも感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

面倒くさがりなので、髪を洗う時以外に
ブラッシングしていないのは反省。

【お湯の温度】

暑い日には35度くらいにして洗ってます。

温度低めだと気持ちいいですが、
丁寧に洗わないとアブラが落ちていない感じもするかも。

【指づかい】

これは現在も変わらず。

指の腹を使って頭皮全体なでた後、
少し髪の毛を持ち上げるようにして根本にぬるま湯をかけて
頭皮についている皮脂を流します。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
水をたっぷり使って根本から流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

これも引き続き変わらず。
お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。
その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、五ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)

湯シャンに変えてから整髪料も
一度ワックスを使ったのみなので、
髪の毛は完全に元気になっています。

でも、整髪料を使わないと
現在の元気な髪の毛は広がりやすく、
髪の毛を整えたい場合などはどうするべきか困りどころ。


ワックスを使いたいところだけど、
ワックスを使ったら
石鹸で髪を洗わないといけない。

でも、石鹸はできれば使いたくない。

というせめぎあい。


困ったものですが、
一ヶ月に一回ぐらいなら石鹸を使っても平気かな?
と最近では思うように。

ブローだけではまとまらず、
どうしても整えたい時だけ
今後はワックスを使おうかな、と思っています。

たぶん年に数回程度になりそうですが・・・。


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン五ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン四ヶ月目の経過記録 週二回の湯シャンで定着!【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して四ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から四ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
四ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して四ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

基本的には感じません。
丁度よく全体がさらっとしてます。
最近暑い日が続いているので、
汗をかいた後にはやや気になる場合も。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
三日ぐらい湯シャンしていないとさすがに臭いはする。
でも気になるなら一日おきに湯シャンすれば
ほぼ臭いはしないはず。

【髪の毛の状態】

確実に髪の毛が健康になった。
細いとかコシがない、という状態とは無縁に。

【地肌の状態】

暑い日には3日ぐらい湯シャンしないと
かゆみが多少あるけど、
もう少しこまめにやればかゆみは感じない。
気になる時にはブラッシングすれば問題なし。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



現在では二~三日おきの湯シャンで定着。

だいたい週に2回ぐらい洗う感じで。
週末におでかけする前の金曜日と
あとは間をとって火曜日に洗ってます(笑)。


最近の湯シャンのやり方は以下の通り。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみも感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

基本的にショートヘアなため、
ブラッシングをさぼりがちになるので
そこは注意したいところ。

【お湯の温度】

気温が上がってきたので
現在は36度くらいにしています。

真夏になったら34~35度くらいでもいけそうなので
期間限定でもっと温度を下げるかも。

【指づかい】

これはずっと変わらず。
指の腹を使って頭皮全体なでた後、
少し髪の毛を持ち上げるようにして根本にぬるま湯をかけて
頭皮についている皮脂を流します。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
水をたっぷり使って根本から流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

これも変わらず。
お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。
その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、四ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)

週に二日の湯シャンで定着しつつありますが、
暑くなってきた最近では
ちょっとかゆみが気になるときも。

なので気になるときはあまり我慢せずに
週に三日ぐらいに増やしてもいいかな、と思ってます。


面倒くさがりの私は
週に一回の湯シャンになったらいいなー
なんて思ってますが、
まあ無理せずにいくことにします。


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン四ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン三ヶ月目の経過記録 週二回の湯シャンでOK!【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して三ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から三ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
三ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して三ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

基本的には感じません。
丁度よく全体がさらっとしつつしっとりしてます。
最近気温が上がってきたので
暑い日や汗をかいた後にはやや気になる場合も。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
少し臭いはするけど、
頭に鼻をつけるほどじゃなければ
他人には何とも思われない程度。

【髪の毛の状態】

確実に髪の毛が元気になってます。
湯シャンを始める前は
髪の毛のボリュームが出にくかったのですが、
今はコシが復活しているおかげで
むしろボリュームをおさえないといけないぐらいに。

【地肌の状態】

少し前はかゆみが多少あったけど
現在はかゆみは全然ないです。
多少気になる時にはブラッシングすれば問題なし。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



湯シャンを始めてから
毎日湯シャン

一日おき湯シャン

二日おき湯シャン
とやってきて、
特に困ったこともなかったので

現在では二~三日おきの湯シャンにしてます。

「そろそろ洗いたいなー」と思うのが
三日ぐらい放置したあとなので、
二日、三日と日を決めずに気分で湯シャンしてます。

だいたい週に2回ぐらい洗う感じで。
週末におでかけする前日には洗ってます(笑)。


最近の湯シャンのやり方は以下の通りです。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみも感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

洗わない日はブラッシングを忘れがちなので、
朝起きて髪を整えるときには
ブラッシングするようにしてます。

少しかゆい時にはブラッシングすれば
気になりません。

【お湯の温度】

気温が上がってきたので
現在は36度くらいにしています。

37~38度くらいだともっとあぶらっぽさが
とれる感じがするのですが、
お湯の温度が高いと洗浄力が強すぎる、
という話をどこかで読んだので
落ちきっている感じがしなくても温度は
低めの方がよさそうです。

【指づかい】

これはずっと変わらず。
指の腹を使って頭皮全体なでた後、
少し髪の毛を持ち上げるようにして根本にぬるま湯をかけて
頭皮についている皮脂を流します。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
水をたっぷり使って根本から流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。

その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、三ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)


面倒くさがりの私としては、
湯シャンの回数が週2回と楽になり、
本当に嬉しいです!

このまま順調にいけば、
4、5日おきになるかもしれないし、
一週間に一回の湯シャンで平気になるかもしれない!

現時点ではそんな日が来るとは
思えない状態ですが、
いつかそうなれば嬉しいですね^^


まあ、現時点では無理して4日あける、
という感じにはしたくないので
放置しても髪の状態が悪くならないなら
だんだん伸ばしてみる、という感じにしたいですね。


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン三ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン二ヶ月目の経過記録 すっかり二日おきに慣れる【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して二ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から二ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
二ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して二ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

全く感じません。
丁度よく全体がさらっとしつつしっとりしてます。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
少し前はちょっと臭いがしたけど
(気にならない程度)、
今は以前よりも臭いが減った気がする。

【髪の毛の状態】

なんだか髪の毛が元気になっている気が。
湯シャンを始める前は
髪の毛のボリュームが出にくかったのですが、
今はコシが戻ってきたせいか
自然なボリュームが出ています。

【地肌の状態】

少し前はかゆみが多少あったけど
現在はかゆみは全然ないです。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



湯シャンを始めてから一週間は毎日洗い、
大丈夫そうだったので
その後は一日おきの湯シャンにしていました。

ですが、面倒くさがりやの本領発揮で、
早い段階で二日おきの湯シャンに。

二日おきにしても
特にかゆみやべたつきはひどくなかったので
そのまま二日おきを継続しています。


二日おきにある程度慣れてきた現在、
かゆみも脂っぽさも臭いも
以前よりさらに減ってきました。

宇津木先生が言う、皮脂の分泌量が
正常に戻ってきた状態かもしれません。


最近の湯シャンのやり方は以下の通りです。

【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたし、
かゆみも感じないため
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

洗わない日はブラッシングを忘れていることもあるので
そこは継続しないといけませんね・・・。

【お湯の温度】

だんだんあたたかくなってきたので
37度くらいにしています。

37度だと汚れが落ちている感じが
あまりしないので最初は不安ですが
洗い終えて乾かした後は
キシキシしないし脂っぽさもないし
かなりいい感じ。

今まで洗いすぎていたんだな、
と実感しますね。

【指づかい】

これはずっと変わらず。
指の腹を使って頭皮全体なでて、
頭皮についている皮脂を流すように
全体にたっぷり水を行き渡らせます。

指を使ってなでるのは短い時間で最低限にして、
水をたっぷり使ってよく流す方がキレイに洗えます。

【湯シャン後】

お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。

その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後
ドライヤー。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、二ヶ月が経過。
(一度だけワックスを使った日に純石鹸で洗いましたが)

一ヶ月経過したあたりで
少しだけ脂っぽさや臭いがあったりしていたけど、
気にならない範囲だったので
充分満足していましたし
「こんな感じがずっと続くんだろうな」
と思っていました。

ですが二ヶ月経過した現在、
さらに髪や地肌の状態は改善されています^^

もしかしたらこのまま続けていけば
さらに良い状態になるのかも!


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン二ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン一ヶ月目の経過記録 早くも二日おきに!【脱シャンプー成功への道】 [湯シャン経過記録]

シャンプーを使うのをやめる、
脱シャンプーを実践しています。

湯シャンを開始して一ヶ月目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から一ヶ月目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
一ヶ月目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して一ヶ月目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

少し前は、なんとなくあぶらっぽさがあったけど、
一ヶ月たった今では何ごともなかったように
落ち着いてます。
パサパサしすぎず、しっとりしすぎず、
今がちょうどいい感じ。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
かなりぐりぐり指をすりつけると、
少しにおいがします。
これぐらいだったら
人に会っても大丈夫ですね。

【髪の毛の状態】

前回はややベタつきがあったけど、
今はそれが改善して
何も問題がない状態です。
ハリやコシを感じるようになり、
ブラッシングするだけで
髪の毛がまとまるようになってきました^^

【地肌の状態】

洗ってから時間がたつと
ほんの少しだけかゆみを感じる時がありますが、
我慢できる範囲。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



湯シャンを始めてから一週間は毎日洗い、
大丈夫そうだったので
その後は一日おきの湯シャンにしていました。

ですが、最近になって面倒くさいときには
二日おきの湯シャンにすることも。

洗わないで二日目でも
特にかゆみやべたつきはひどくなかったし、

皮脂の分泌量が正常に戻ってきたのかな?
と思います^^



最近の湯シャンのやり方は以下の通りです。


【ブラッシング】

手グシで髪がまとまるようになってきたので
ブラッシングの頻度は減っています。
でも、髪を洗う前には必ずやります。

このまま湯シャンの頻度が減ると、
ブラッシングを忘れてしまいそうなので
一日最低一回はする事を
忘れないようにしないと・・・。

【お湯の温度】

まだ寒いので38度のお湯で。

ですが、そろそろ37度くらいにしたいなーと思ってます。
温度が34度に近づけば、それだけ
頭皮に負担をかけなくなると思うので。

【指づかい】

これは変わらず。
指の腹を使って頭皮全体なでて、
頭皮についている皮脂を流すように
全体にたっぷり水を行き渡らせます。

指を使ってなでるのは最低限にして、
水をたっぷり使ってよく流す方が
キレイに洗える気がします。

【湯シャン後】

お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。

その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後
ドライヤー。
これはずっと変わらないはず。
夏場はすぐ乾きそうなので放置するかも。


いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、一ヶ月が経過。
そして、湯シャンを一日おきにしてから三週間が経過しました。
(たまに二日おきをやってます)


前回の三週間目の報告では
あぶらっぽさが多少あると書きましたが、
一ヶ月目の今回は一転、
あぶらっぽさを感じません。

ベタつきやパサつきもなく
全体的にまとまりやすくなってきたし、
かなりいい状態です^^



あまりにも順調なので、
湯シャンがうまくいかなくて
悩んでいる人には参考にならないかもしれません。
スミマセン・・・。

やはり、これまでズボラで
毎日シャンプーしてなかったのが
良かったようですね。


これからさらに劇的に良くなるか?
それとも不安定になってしまうのか?

また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン一ヶ月目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン三週間目の経過記録 脱シャンプー成功への道 [湯シャン経過記録]

脱シャンプーを目指して頑張っています。

湯シャンを開始して三週間目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から三週間目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
三週間目の経過記録をしていきます。

湯シャンを開始して三週間目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

最近になって皮脂の存在が感じられるように。
洗った後やドライヤーをしているときに
全体的にしっとりしている感じ。

でも、べたついている程ではなく、
他人から見てもペタっとしていたり
アブラっぽいようには見られないはず。
以前よりは皮脂を感じるけど、べたつきはなし。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
今回もほぼにおわない。

一日おきの湯シャンに切り替えて二週間だが、
臭いと思うことはない。
(ドライヤーしている間とか直後は少しあるけど)

【髪の毛の状態】

皮脂はあるけど、髪の根元がふわっとしてるから
全体的にボリュームが出てきている。

前は皮脂があってもなくても
ペタっとしていたから、
これが「ハリ・コシがある状態」なんだ!
とすでに記憶にすらない状態を取り戻せて
ちょっと感動。

髪の毛って、自分でこんな風に
根元から立ち上がってくれるものだとは
全く知らなかった!

【地肌の状態】

一日おきの湯シャンにしてから
最初のうちは少しかゆみを感じたけど、
二週間たってからはほぼ感じない。
ブラッシングをきちんとやっている成果かも。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



湯シャンを始めてから一週間は毎日洗い、
大丈夫そうだったので
その後は一日おきの湯シャンにしています。


【ブラッシング】

湯シャンを始める前は
洗う前にしかブラッシングしてなかったけど、
今では頭皮のかゆみとか
髪がまとまらないとか、
気になったときにいつでもブラッシングするように。

朝起きたらまずブラッシング。
寝癖もけっこう直るし
髪の状態が落ち着きます。

【お湯の温度】

まだ寒いので38度のお湯で。

最近は洗うときに皮脂の多さを感じるので
もう少ししっかり落とすために38度を
続けるかも。

【指づかい】

頭皮全体をソフトになでた後、
ぬるま湯を髪全体に含ませて
汚れを流すようにしてみている。

マッサージをするのも大切だけど、
ぬるま湯を髪と地肌全体に行き渡らせるのが
大事な気がしてきた。

【湯シャン後】

お風呂上りにタオルでしっかり、水気を切る。

その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後
ドライヤー。
これはたぶんずっと変わらないかな。
あ、夏場はすぐ乾くかもしれないから
ドライヤーしないかも。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、三週間が経過。
そして、湯シャンを一日おきにしてから二週間が経過しました。

今週に入ってから
なんとなく皮脂が多くなったようで、
しっとり感が出てきました。

これは、決してイヤな意味ではなく、
皮脂が必要な量になっているおかげで
適度に髪全体がまとまっています。

さらに、髪の毛が健康な状態になりつつあるようで
全体がふんわりとしているというか。
それでいてちゃんとまとまっている・・・。


上でも書きましたが、
私はこれまで
「髪の毛はアブラがついていたら
ペタっとするものだ」
と思っていたので

「皮脂があってもハリ・コシのある髪なら
根元からちゃんと立ち上がるんだ」
と目からウロコ状態です。


三週間でここまで改善されたのは
かなり早い方だと思いますが、
ズボラなせいでシャンプー時代にも
髪を毎日洗っていなかったおかげですね。

清潔にしていたい、という女子っぽい気持ちは
大切だと思いますが、
身体にとって必要なものまで取り去ってしまうのは
健康にも美容にも悪影響を及ぼします。


「100%清潔」が正義ではありません。

ある程度ほったらかしてのんびりすることも
美と健康のためには必要だったりするのです^^


また湯シャン実践レポートしますので、
次回をご期待ください♪


以上、
「湯シャン三週間目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャン二週間目の経過記録 脱シャンプー成功への道 [湯シャン経過記録]

脱シャンプーを目指して頑張っています。

湯シャンを開始して二週間目の経過記録です。


スポンサードリンク




湯シャン開始から二週間目の経過記録



ではさっそく、湯シャン開始から
二週間目の経過記録をしていきます。

では、湯シャンを開始して二週間目の
髪や地肌の状態は以下の通りです。


【全体のあぶらっぽさ】

あまり感じない。
現在は一日おきの湯シャンにしているため、
毎日洗っていたときよりはしっとりしている。
でも、髪全体がふわふわに。
ベタつき感はない。

【臭い】

恒例の頭皮をさわった指のにおいチェック。
ほぼにおわない。
一日おきの湯シャンに切り替えて一週間だが、
臭いと思うことはない。

【髪の毛の状態】

なんとなく、髪全体が元気になって、
コシが出てきた気がする。
もともとややクセっ毛だったのが、
そのクセも元気に出てくるように(笑)。

【地肌の状態】

一日おきの湯シャンにすると、
洗わなかった日の翌日にややかゆみを感じる。
だけどブラッシングすれば解消するし、
何も問題ない。


スポンサードリンク




最近の湯シャンのやり方



湯シャンを始めてから一週間は毎日洗い、
大丈夫そうだったので
その後は一日おきの湯シャンにしています。


【ブラッシング】

湯シャンを始める前は
洗う前にしかブラッシングしてなかったけど、
今では頭皮のかゆみとか
髪がまとまらないとか、
気になったときにいつでもブラッシングするように。

髪の状態が落ち着く気がする。

【お湯の温度】

まだ寒いので38度のお湯で。

これ以上熱いと皮脂が落ちすぎる気がする。

【指づかい】

こすりすぎは皮脂を落としすぎると気づいたので、
最近は頭皮全体をソフトになでた後、
ぬるま湯を髪全体に含ませて
汚れを流すようにしてみている。
この方が無理におとしすぎず、いい気がする。

【湯シャン後】

お風呂上りにタオルでしっかり、しつこく水気を切る。

その後、少しだけ放置して自然乾燥させた後
ドライヤーする。



いかがでしょうか?

シャンプー(石鹸)を使わなくなってから、二週間が経過。
そして、湯シャンを一日おきにしてから一週間が経過しました。

毎日湯シャンしていた頃よりは
ややかゆみを感じますが、
私はこれぐらい全然平気!(笑)

でも、毎日しっかりシャンプーしていた人には
この程度のかゆみでも
「耐えられない!」ってなっちゃうんだろうなぁ・・・。

ある程度ズボラな方が、
健康でいられるのかもしれません(笑)。


私はかゆみに慣れているので
気になりませんが、

かゆみが気になる人は
無理に湯シャンの頻度を落とさず
毎日湯シャンするとか、
かゆみが気になったらすぐブラッシングするとか、
まとめ髪にしてのりきるとか、
工夫してみるといいと思います^^


私はもう少し、全体がしっとりまとまると
いいなぁと思っていますが、どうなることやら。

さすがの私ももうしばらくは
一日おきの湯シャンを続けていくつもり。

早く二日おきにできたらさらに楽なんですが、
すぐにやると心配なので
もう少し我慢します(笑)。


次回の湯シャン経過記録&レポートは
一週間後の予定です。

その頃には一日おきの湯シャンでも
かゆみがなくなっているでしょうか?

三週間目のレポートをご期待ください^^


以上、
「湯シャン二週間目の経過記録 脱シャンプー成功への道」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - 湯シャン経過記録 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。