So-net無料ブログ作成
検索選択
シャンプーの危険性 ブログトップ

【湯シャン】シャンプーは薄毛・臭いの原因だった!シャンプーを使うのはこんなにヤバい! [シャンプーの危険性]

これまで、シャンプーが有害なものだという事を
お伝えし、湯シャンをすすめてきましたが、
シャンプーがどのように髪と頭皮に悪影響を
与えるのかという事については
あまり詳しくお伝えしていませんでした。

今回は、薄毛の原因となるシャンプーの
髪への悪影響についてさらに解説していきます。


スポンサードリンク




シャンプーが薄毛をつくるメカニズム



湯シャンを実践している人なら、
シャンプーが髪にとって有害なものだと
理解していると思いますが、
今回はもう少しシャンプーの悪影響について
詳しく書いていきます。


まず、シャンプーには大量の界面活性剤が含まれており、
頭皮の大きなダメージの原因になる、
という事はすでにご存知ですよね。

頭皮の基本構造は、顔の肌と同じですが、
頭皮の毛穴のサイズは、顔の毛穴の10倍以上。

シャンプーの界面活性剤を
約10万個もの大きな毛穴に毎日すりこんでいると、
肌バリアは根底から破壊され、乾燥が進みます。

壊れた肌バリアがもとに戻るには、最低でも3~4日間は必要。
毎日シャンプーしていたら、肌バリアが再生する間もありません。

そうなると、皮膚が萎縮して薄くなり、
毛根がしっかり根をはることができません。

髪の毛をつくる毛母細胞も傷つくため、
健康で太い髪が生えにくくなります。



スポンサードリンク




シャンプーは薄毛、細毛、臭いの原因だった



シャンプーで洗うとその強力な洗浄力によって
皮脂が落ち、髪も頭皮もさっぱりします。

しかし皮脂をごっそり取り去ってしまうと
皮脂を補うために皮脂腺が大きくなり、
毛母細胞に届くはずの栄養が皮脂腺にいってしまいます。

そうなると健康な髪が生えにくくなり、
細い毛ばかりがつくられてしまうのです。

ひとつの毛穴からは通常2~3本の毛が生えているのですが、
そのうちの1本が細い毛になり、やがて全ての毛が細くなります。

この状態が続くと、薄毛になっていってしまいます。


しかも頭皮からは大量の皮脂が出て、時間とともに酸化し、
頭皮や髪のいやな臭いが強くなってしまうのです。


その点、シャンプーを使わずに
湯シャンで髪を洗うと、髪に必要な適量の皮脂が残ります。

髪をおおう皮脂は、脂肪酸、トリアシルグリセロール、スクワレン、
コレステロール、ワックスなどさまざまな油性成分が混ざったもの。

酸化脂質などは水で簡単に落ちますが、
ワックスなどは1年以上髪表面にとどまり
異物の侵入や乾燥から髪を守り、うるおいを保ち続けています。

シャンプーで洗うと、ワックスをはじめとする
良質の皮脂まではがれ落ち、髪が乾燥してしまいます。

さらに、トリートメントをしても表面が劣化しやすくなるだけで
うるおいを保つ効果はありません。

トリートメント類にも、乳化剤として界面活性剤が含まれているので、
使うほどキューティクルが傷つき、
より多くのケアを要するという悪循環におちいってしまうのです。


いかがでしょうか?

シャンプーやトリートメント類は
髪の毛にとって百害あって一利なし、
という事を再認識して頂けたのでは。

これを知ると、湯シャンをやめられなくなりますよね!


以上、
「【湯シャン】シャンプーは薄毛・臭いの原因だった!シャンプーを使うのはこんなにヤバい!」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 

シャンプーしない派が増えている!知っておきたいシャンプーを使う4つの怖さ [シャンプーの危険性]

最近、脱シャンプーして湯シャンに
切り替える人が出てきているようです。
「シャンプーしない」ということのメリットが
だんだんと浸透してきたからでしょう。

ですが、なぜシャンプーが良くないと
言われるようになっているのか?
シャンプーしない人が
増えている理由をまとめてみました。


スポンサードリンク




シャンプーは危険!一刻も早く脱シャンプーを!



なぜこれほど、シャンプーしない人が
最近増えているのか?

それは、一般的に販売されているシャンプーが
髪や肌に与える悪影響が大きいと
言われるようになったから。

シャンプーが髪や肌に与えると言われる
悪影響は以下の通り。


【はげる】

シャンプーはその強い洗浄力で
頭皮の皮脂を落としすぎます。

そのため、頭皮は皮脂を懸命に作るようになり、
皮脂腺が発達。
そうすると、髪にいくはずの栄養が
皮脂腺にとられてしまうため、
髪の毛は栄養不足になる。

そうなると、髪が細く短くなり、
抜け毛が増え、はげる速度が加速してしまうのです。

【臭い、べたつきの原因】

上で書いたように、シャンプーで洗うと
皮脂腺が発達してしまいます。

そうなると皮脂が過剰に作られるようになり、
頭皮の皮脂量が増えて
べたつきや臭いの原因となってしまうのです。

【髪や肌の健康を妨げる】

シャンプーに含まれている界面活性剤や
添加物が(無添加と書かれていても)
髪や肌の健康を妨げます。

シャンプーによっては発がん性物質や
ホルモン状態を不安定にする成分や、
海外での有害指定成分が
日本の無添加とうたわれるシャンプーに
含まれていることもあるのです。


スポンサードリンク




【髪が乾燥し、まとまりにくくなる】

シャンプーを使うと髪表面についた
皮脂が完全に取り去られるため、
髪の潤いがなくなります。

皮脂があることで髪の毛のきしみや
もつれを防ぐことができ、
髪の毛同士を寄り添わせるため
まとまりやすい髪になるのです。

皮脂がなければ乾燥してまとまりにくく、
ツヤのない髪になってしまいます。

リンスやコンディショナーでも似たような
働きができますが、肌への悪影響もありますし、
何より皮脂が一番安全でベストな働きをしてくれるのです。



私は宇津木龍一先生の本
「シャンプーとやめると、髪が増える」
を読んで脱シャンプー・湯シャンを
始めることを決意しました。

この本の中には
「シャンプーは百害あって一利なし」
とはっきり書かれてあり、
この本を読むと
シャンプーする理由が見つからないのです。


世の中では
シャンプーしなければいけない、
と多くの人が口を揃えて言いますが

それはシャンプーを販売する会社のCMなどの
刷り込みに洗脳されているため、
という気がしてなりません。

シャンプーの害についてや
シャンプーしない、という選択肢を
考えてみようともしないんですよね。


ですが、最近では
シャンプーしない選択肢に注目する人も
増えてきたようです。

一緒に脱シャンプー・湯シャンを成功させて
この素晴らしい髪と身体の健康法を
少しずつ広めていければ、と思います^^


以上、
「シャンプーしない派が増えている!
知っておきたいシャンプーを使う4つの怖さ」
でした。


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
シャンプーの危険性 ブログトップ