So-net無料ブログ作成
検索選択
湯シャンでやってはいけないこと ブログトップ

湯シャン後のトリートメントはOK?トリートメントは髪をきれいにしてくれるのか [湯シャンでやってはいけないこと]

湯シャンの後にトリートメントを使うのはアリか?
と考える人が多いようですね。

今回は、湯シャンでトリートメントを
使うことについて書いてみようと思います。


スポンサードリンク




湯シャンでトリートメントを使うのはアリ?



湯シャンをはじめてすぐの頃は
洗いあがりの髪の毛の状態が
シャンプーリンスを使っていた頃とは違って
その感触に慣れないため、

「シャンプーは使わないけど、
せめてトリートメントだけでも使いたいな・・・」
と思う人がいるようですね。


確かに、湯シャンの考え方では
シャンプーはその強い洗浄力や添加物のせいで
髪の毛や地肌に強い害となってしまうため、
使わずにシャンプーすることがいいとされています。

では、髪を洗浄するシャンプーではなく、
しっとりさせて補修する効果があると言われる
トリートメントだけを
湯シャンの最後に使うのはアリなのでしょうか?


結論から先に書いてしまうと、


トリートメントを使うのはNG


です。


シャンプーみたいに強い洗浄力がある訳ではないのに、
なぜトリートメントがいけないのか、というと
「界面活性剤が使われているから」です。


スポンサードリンク




界面活性剤とは、簡単に言えば
水と油をなめらかに混ぜ合わせるためのもの。

これを使うことで世の中の化粧品類が
存在できているのですが、
この界面活性剤が肌にとっては非常に悪いものなのです。


界面活性剤は水と油をなめらかに混ぜ合わせる性質があるため、
それを肌につけると肌表面にある油分を
根こそぎ取り去ってしまいます。

それによって肌表面のバリア機能が破壊され、
肌の潤いもなくなり、
肌が自分で正常に機能することができなくなります。

そのため、湯シャンを提唱している宇津木龍一先生は
できるだけ化粧品をつけないスキンケアをすすめているのです。


それと同じことは頭皮にも言えます。

界面活性剤を頭皮につけてしまうことで
頭皮の潤いが不足し、
機能が正常にはたらかなくなってしまい、
髪の毛の状態が悪くなってしまいます。


ですから、界面活性剤を使っている
シャンプー、リンス、トリートメントはもちろんのこと、
洗い流さないトリートメントなども
つけない方が髪の健康を守ることができるのです。


トリートメントをつける方が
髪の毛がきれいになる、と思っている人が多いですが、
それはテレビCMや広告などで
そう思い込まされているだけなのです。

湯シャンでのトリートメントはNGです。

シャンプー類は一切使わないことで
頭皮、髪の毛だけではなく
顔や手の皮膚も美しく守ることができるのです。



以上、
「湯シャン後のトリートメントはOK?
トリートメントは髪をきれいにしてくれるのか」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

【湯シャン】シャンプーで薄毛になる!怖い6つのヘアケア習慣を改めよう [湯シャンでやってはいけないこと]

シャンプーの害が怖いものだという事は
ここまでで色々とお伝えしてきました。
ですが、湯シャンにするだけでは充分ではなく、
他にも一般的なヘアケアとして行われている
6つの習慣が薄毛をまねく事をご存知でしょうか?

今回は、シャンプー以外にも怖い
薄毛まっしぐらの6つの習慣について
まとめていきます。


スポンサードリンク




シャンプーはやっぱり怖い!はやく湯シャンに切り替えよう



最近では過剰なヘアケアによる薄毛や髪にコシがない、
などの女性の髪の悩みが急増しているそうです。

その大きな原因はシャンプー。
シャンプーの害はクレンジング並みに強力です。

シャンプーには強力な界面活性剤、パラベンなどの防腐剤に加え、
発がん性や環境ホルモンの疑いがある成分などが含まれるものもあります。

頭皮や髪に良いといわれる美容成分も入っていますが、
化粧品と同じで合成界面活性剤で肌バリアを壊し、
美容成分を中に入れる仕組みになっています。

頭皮も界面活性剤や美容成分による炎症で、
毛穴が赤くなっている人もかなり多いそうです。


さらには、洗いすぎで皮脂腺が大きくなったり、
常在菌のバランスがくずれたりして、
脂漏性皮膚炎にかかる人もいます。

その原因は、シャンプーに含まれる防腐剤などの
化学物質の使いすぎもあると考えられます。

なので、早く湯シャンに切り替える方が
髪にはもちろん、顔の肌の美しさも守られるのです。


スポンサードリンク




湯シャンだけでは足りない?改めたい6つの習慣



体から出る汚れはお湯洗いで落ちます。

シャンプーを使わないほうがベタつきませんし、
髪が健康になり、コシが出ます。

いつまでも髪をきれいに保ちたいのなら、
できるだけ早く湯シャンにして
シャンプーをはじめとする体に悪い物質を断つことをおすすめします。


一般的には普通のことだとされているヘアケアでも、
実は薄毛の原因になっていることは多いもの。

以下の6つの習慣にあてはまる人は要注意です。

・ワックスなどの整髪料を使ってスタイリングしている

・1日1回は必ずシャンプーする

・髪を洗うときは、地肌を丁寧にマッサージする

・トリートメントをつけたあとは、数分以上おいて浸透させる

・髪を洗ったあとは完全に乾くまでドライヤーをかける

・1~2ヶ月に1度は、カラーリングしている


いかがでしょうか?

これらのうち、2つ以上あてはまる人は、
薄毛予備軍です。
今のケアを続けていると、やがて薄毛になる危険性が高いです。

髪、頭皮だけでなく、顔の肌にも悪影響を及ぼすため、
当てはまる項目は、すぐに改善することをおすすめします!



以上、
「【湯シャン】シャンプーで薄毛になる!
怖い6つのヘアケア習慣を改めよう」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

湯シャンで洗い流さないトリートメントはNG!湯シャンの効果をゼロにする界面活性剤の害 [湯シャンでやってはいけないこと]

湯シャンを始めてから髪のパサつきが気になる、
という人が多いようですね。
そういう時に洗い流さないトリートメントを使う人も
中にはいるようですが、その場合の効果はどうなのでしょうか?

そこで今回は、湯シャンで洗い流さないトリートメントを
使うことについて書いていこうと思います。


スポンサードリンク




肌を傷める界面活性剤の害



湯シャンは、シャンプー石鹸などを使わず、
お湯だけで髪の毛を洗うこと。

シャンプーや石鹸を使うと髪や頭皮に良くないため、
これらをやめることで髪の毛の状態が改善するのです。

なぜシャンプーや石けんが良くないのかというと、
界面活性剤が含まれているから。

界面活性剤は自然界にも存在するものですが、
これは水と油を乳化させるはたらきを持つものです。


界面活性剤を使うと、本来なら混ざり合うことのない
水と油が混ざるため、
石けんやシャンプーはもちろん
乳液クリーム状のとろっとした化粧品全般には
ほぼ全て入っていると言えます。


界面活性剤の何が良くないかと言うと、
水と油が混ざるはたらきがあるために
それが皮膚触れる
皮膚を保護している油分が取り去られ、
肌が守られなくなってしまうからです。

肌がむきだしになっているところに
化粧品などの添加物で肌がさらに
痛めつけられることになりますから
肌へのダメージがとても大きくなり、
肌のメカニズムが乱れてしまうのです。


こういった理由から、お湯だけのシャンプーに
切り替えることで、頭皮の状態が改善し、
じょじょに健康な状態に戻るようになります。


スポンサードリンク




湯シャンで洗い流さないトリートメントはNG



ですが、湯シャン実践者の中には
「シャンプーを使わずに
洗い流さないトリートメントを使えば大丈夫だろう」
と考え、使う人もいるようです。

確かに、髪を洗うときには
お湯だけを使っているのであれば
「湯シャン」と言えるのかもしれません。


ですが、湯シャンの効果を出したいのであれば、


洗い流さないトリートメントは使ってはいけません。


シャンプーは使っていないのだからいいんじゃない?
と思うかもしれませんが、
洗い流さないトリートメントにも
界面活性剤は入っています。


シャンプーよりはダメージが少ないとは思いますが、
確実に頭皮と髪にダメージを与えます。

髪がパサついたりまとまらない時に
使いたくなる気持ちも分かりますが、
それでは湯シャンの効果がなくなってしまいます。


パサつきが気になる場合は、
工夫して解消する方法もあります。

次の記事でパサつき解消の工夫の仕方を
お伝えしていますので、ご覧ください^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
湯シャンでやってはいけないこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。