So-net無料ブログ作成
検索選択
湯シャン式ボディケア ブログトップ

【湯シャン】ボディケアの疑問点まとめ!お湯洗いで本当にニオわないのか?! [湯シャン式ボディケア]

湯シャンと同じお湯洗いをボディにも!
と実践してみようと思う人は少なくないはず。
ですが、やってみようという段階になると、
色々な疑問や不安な点が出てきますよね。

今回は、ボディも湯シャンと同じお湯洗いを
する場合の疑問点についてまとめてみました^^


スポンサードリンク




ボディもお湯洗いする際の疑問点まとめ



では早速、ボディも湯シャンと同じ、
お湯洗いを実践していく際に考えられる
疑問点を以下にまとめてみました^^


・お湯洗いだけで、体は本当ににおわないの?

→提唱者の宇津木龍一先生は
お湯だけ洗いのケアを7年間続けているそうですが、
臭いは実践前より感じなくなったそう。
髪も体もシャワーのお湯でサっと洗うたけ。
なのに臭いやベタつきが気になることはありません。

汗をたくさんかいたら、当然汗くさくなりますが
石けんで洗っていたときもそれは同じ。
宇津木先生の知り合いの美容皮膚科医、形成外科医の女性たちも
お湯洗いを実践しているそうですが、臭いが気になることはないんだそう^^

・はじめて1週間経過しましたが、体がかゆいです

→肌バリア機能が回復するとおさまります。
かゆみの多くは乾燥が原因。

ボディシャンプーや石けんをやめて2~3ヶ月たつと、
肌の保湿バリアが復活し、かゆみは落ち着いてきます。
さらに、シャンプー、リンス、染毛剤などが
体につかないようにすることも大切です。


スポンサードリンク




・アトピーやアレルギー体質の人は、クリームを塗った方がいいのでは?

→アトピーやアレルギー体質の人こそ、化学物質を減らすべきです。
ただでさえバリア機能が低下している肌なのに、
クリームを塗ることでいためつけ、症状を悪化させてしまいます。
クリームの使用をやめれば、赤みやかゆみはかなり落ち着くはずです。

・カミソリのムダ毛処理はしたくない。レーザー脱毛ではダメでしょうか?

→ダメではないですが、ムダ毛をそこまで気にする必要はありません。
カミソリが好まれないのは、毛の断面や毛穴が目立ったり、
ムダ毛処理の頻度が多くなるから。

レーザー脱毛なら、ツルツルのきれいな肌を長く維持できます。
ですが、多少のうぶ毛なら健康な肌とマッチした魅力にもなります。
全てのムダ毛を無くさなければ、と神経質になる必要はないのでは。


以上、
「【湯シャン】ボディケアの疑問点まとめ!
お湯洗いで本当にニオわないのか?!」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 

【湯シャン】ハンドソープもハンドクリームもいらない!水とワセリンのハンドケアがおすすめ [湯シャン式ボディケア]

ここ数回にわたってボディも
湯シャンと同じようにケアをする
重要性についてお伝えしてきました。

ですが、それでもハンドソープでまめに手を洗い、
ハンドクリームは必須アイテムと考えている人は多いよう。

今回は、ハンドソープもハンドクリームも使わない、
おすすめのハンドケアの方法をご紹介します!


スポンサードリンク




湯シャンと同じ!手も水洗いだけでOK



女性の年齢が出やすい手。

そのためハンドケアを一生懸命している女性は多いようで、
まめにハンドソープで手を洗ったり、
ハンドクリームを至る場所に置いて
こまめに塗ったりしている人もいるそうですね。


ですが、湯シャンをご存知の方なら
うすうす気づいていることでしょう。

ハンドソープもハンドクリームも、
手の皮膚を傷めるばかりで
ハンドケアには全く使えないという事を。


手が荒れるという女性は多いですが、
手荒れのおもな原因は、合成洗剤と、過剰な手洗いのくり返し。

水仕事をするときは、なるべくゴム手袋をはめるようにすれば
かなり改善できるはず。


手を洗うときは、ハンドソープや石鹸を使わず、水だけで洗うようにします。


ばい菌が心配、という人も多いですが、
ほとんどのばい菌は水で流せば落とせますし、
菌が多少残っていても問題ありません。

ばい菌が感染症を起こすためには10万個以上の菌が必要で、
水で洗っていれば、菌がそこまで大量に増えることはありません。

もちろん、手洗い後のアルコール消毒も必要ありません。


スポンサードリンク




日常的に使っていると肌バリアが壊れ、手あれ、ひびわれを起こします。
肌を守る常在菌が激減し、病原菌が増えるおそれもあるので
普通に生活している上では不要なもの。

ばい菌に神経質になりすぎると
むしろ肌が不潔になりかねません。



水だけで手を洗う、というと
「トイレから出た後は石けんを使うべきですよね?」
とトイレの後だけ例外に考える人もいるようですが、

当然、トイレの後も水だけで手を洗います。

体から出る汚れは、石けんを使わなくてもキレイに洗い流せます。
尿は無菌ですし、便の汚れや生理中の血液は水で簡単に落ちます。

なんとなく汚いイメージを持ってしまっていますが、
水で手洗いするだけで清潔に保てるのです。



そして、当然ハンドクリームも手荒れの原因となります。
化粧品と同様、水分、油分を界面活性剤で混ぜてつくられているからです。

使えば使うほど、肌バリアが壊れていくので
きれいな手を保ちたければハンドクリームは
使わないようにしましょう。

カサつきが気になるときは、ワセリンを薄くつければOK。
肌の伸縮性が増し、ひびわれにくくなります。

ひびわれている場合は、少し多めにつけてもOK。
朝晩2回、水洗いで落として、新たにつけ直すようにしましょう。


ワセリンは、市販されているハンドクリームよりも
はるかに肌を保護する効果が高いため、
一度つけたら長い時間保湿してくれます。

ハンドクリームを使っている人は、
すぐにワセリンに切り替えましょう^^


以上、
「【湯シャン】ハンドソープもハンドクリームもいらない!
水とワセリンのハンドケアがおすすめ」
でした!


スポンサードリンク




タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

【湯シャン】ボディのムダ毛処理のやり方!おすすめはカミソリ処理 [湯シャン式ボディケア]

数回にわたってボディも
湯シャンと同じようにケアをする
重要性についてお伝えしてきました。

ぬるま湯だけで洗う、という事だけではなく
ムダ毛処理の方法も
工夫することで肌を傷めないようになります。

今回は、ボディの皮膚を傷めない、
ムダ毛処理のやり方をまとめていきます。


スポンサードリンク




ボディのムダ毛処理はカミソリがおすすめ



女性なら誰でも気になるのがボディのムダ毛。

ですが、ムダ毛処理は、肌を傷つける行為。
肌への害を知った上で、最小限にとどめるようにしましょう。


一番刺激が少なく、おすすめなのはカミソリ。

カミソリは肌表面だけしか傷めませんし、
手軽な方法なので一番おすすめです。

乾いた皮膚の状態のまま、深ぞりしないよう
肌表面にカミソリをそっとすべらせ、
毛の流れと同じ方向に剃ります。

乾いた皮膚にカミソリをあててそると、毛根をいためにくいのですが、
どうしても入浴中にそりたい人は、深ぞりしないよう注意して
行いましょう。


スポンサードリンク




そる前やそった後に、クリーム類を塗るのはNG。

界面活性剤が肌バリアを壊し、毛穴の傷を刺激して色素沈着を起こします。

カサつくときは、ワセリンを少量だけつけるようにしましょう。


カミソリでの処理を続けているうちに
毛穴がめだってきた場合は、レーザー脱毛を考えてみた方が
いいかもしれません。


レーザー脱毛は毛根の細胞を焼き、発毛能力をなくす方法です。
肌へのダメージは大きく、皮膚の健康に良いとはいえませんが、
仕上がりは美しくキレイなので、長期的にはおすすめです。


一番良くないのは家庭用脱毛グッズです。
家庭用の脱毛ワックスや脱毛テープ
毛根だけではなく、肌表面へのダメージも強いです。

そのため肌荒れ、ブツブツのもととなってしまいます。

肌へのダメージが強い割には
効果が弱いため、使うメリットはほとんどありません。


ボディの皮膚のことを考えたら、
お手軽なカミソリか
楽でキレイなレーザー脱毛のどちらかに
しておくのが良さそうですね。

せっかく湯シャンをしているんですから、
是非ボディの肌を傷めないようにしてあげてください^^


以上、
「【湯シャン】ボディのムダ毛処理のやり方!おすすめはカミソリ処理」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

【湯シャン】ボディの角質はワセリンでケア!かかと、ヒジもなめらかに! [湯シャン式ボディケア]

数回にわたってボディ
湯シャンと同じようにケアをする
重要性についてお伝えしてきました。

ですが、ボディにボディクリーム類を塗らない方がいい、
という理由もお分かり頂けたと思いますが
角質ケアなどはどうすれば?と
心配な人もいるかもしれませんね。

今回は、湯シャンと併用したい、
ボディのカサカサする角質のケア方法について
書いていこうと思います。


スポンサードリンク




ボディの角質ケアもやさしく



ボディの中でもひじやひざ、かかとなどには
角質がたまって黒ずんだり、
カサカサになりがちな箇所ですよね。

特にひじの場合は、ほおづえで皮膚がこすれ、
角質が厚くなっている人が多いようです。

さらに、かかとはつねに体重がかかっているため、
ひじ、ひざ以上に角質が分厚くなりやすいです。
ボディシャンプー石けんで洗うと
乾燥してひびわれを起こすので、
湯シャンと同じように、必ずぬるま湯で洗ってください。


これらのカサカサ部分が気になるポイントには
ワセリンを塗るのがおすすめです。

ひじ、ひざには米粒一粒分を目安に塗りましょう。
つけすぎると逆に角質が厚くなるのでつけすぎには注意です。

ワセリンをつけるとだんだんとすべすべになってきます。


スポンサードリンク




厚くなっている角質を薄くするために
ヤスリや軽石で削る人がいますが、
薄くなった皮膚を守ろうとしてしまうため
かえって角質を厚くしてしまいます。

削るケアをやめてワセリンをつけるようにしましょう。


万が一、かゆみやひびわれがあったり、赤くテカったりしている場合は、
真菌が繁殖していることもあります。
皮膚科を受診してみることをおすすめします。

角質が厚くなり過ぎてしまっている場合は、
尿素配合クリームや市販のピーリング剤が有効です。
2~3回使って角質を薄くしてから、ワセリンでケアしましょう。

それでも治らない場合は、水虫による角質肥厚が疑われます。
この場合も皮膚科を受診して治療を受けましょう。


以上、
「【湯シャン】ボディの角質はワセリンでケア!かかと、ヒジもなめらかに!」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

【湯シャン】ボディクリームはNG!ワセリンで美肌を守るべし! [湯シャン式ボディケア]

数回にわたってボディも
湯シャンと同じようにぬるま湯で
洗う重要性についてお伝えしてきました。

ですが、ボディをぬるま湯で洗っていても
身体にボディクリーム等を塗っていては
意味がありません。

今回は、ボディクリームがなぜいけないのか、
という事について書いていこうと思います。


スポンサードリンク




湯シャンと同じ考え方でボディを守ろう



身体も湯シャンと同じにぬるま湯で洗っていたとしても、
お風呂上りにボディクリームを塗っていたら
肌はきれいになりません。

これは湯シャンと同じ考え方がもとになっています。


ボディクリームをはじめとするボディ用保湿剤にも
界面活性剤が含まれています。

入浴後にボディクリームを塗るのは、
シャンプーで髪を洗うのと全く同じ行為です。

長年化粧品をすりこんできた顔の皮膚や
シャンプーで洗ってきた髪の地肌に比べて
身体の皮膚は比較的キレイな状態が保たれているはずなので、
せっかくのきれいな肌を荒らすような、
よけいなケアはすぐにやめましょう。


特に粘度がボディクリームや美容液ほど、
界面活性剤などの有害な成分が多く含まれているので、
使わないでください。

背中ニキビに悩む女性も多く、
背中ニキビ用の殺菌系ローションを使う人も多いようですが、
使うことで炎症がますます悪化することがあります。

背中ニキビの原因の多くは、シャンプーなどが背中につくことです。
ベストなのは髪も体もお湯で洗うことですが、
それができなければ洗う際にシャンプー等が
背中につかないよう注意すれば改善するはずです。


スポンサードリンク




ワセリンをボディクリームがわりに使う!



ボディクリームを使えないのなら、
ボディには何をつければいいのでしょうか?

肌に害がないもの、ワセリンです。

ワセリンは酸化しにくく、肌にしみこまずに
肌を保護してくれるすぐれもの。


ですが、特に肌に問題がないのであれば
ワセリンをつける必要すらありません。

もし、身体の皮膚が乾燥しているせいで
赤みやかゆみが出たり、粉をふいたりしているときだけ、
部分的にワセリンをつけます。

ワセリンは少量を手のひらでのばして、押しづけするようにしましょう。


衣服のゴムなどの摩擦や下着に使われている合成洗剤が原因で
乾燥したりかゆくなりがちなお腹や腰、
血流がとどこおったりむくんだりしやすいため、
カサつきやすいスネなどにもワセリンを塗ることで
肌の状態が落ち着きます^^



以上、
「【湯シャン】ボディクリームはNG!ワセリンで美肌を守るべし!」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

【湯シャン】ボディを守る正しい入浴法はコレ!アツアツの風呂は避けよう [湯シャン式ボディケア]

数回にわたってボディ
湯シャンと同じようにぬるま湯のみで
洗う重要性についてお伝えしてきました。

ですが、ボディをぬるま湯で洗っていても
身体の肌を痛めてしまう場合があります。

今回は、ボディを洗う際の注意点について
まとめていきたいと思います^^


スポンサードリンク




湯シャンと同じ考え方でボディを守る



身体も湯シャンと同じように
ぬるま湯で洗っているものの、
なんだか乾燥しがち、という人は意外に多いようです。

その原因は、ぬるま湯洗い以外の部分にあり、
考え方として湯シャンと同じです。


入浴時に注意したいポイントについて
以下にまとめましたのでご覧ください。


その1)熱い風呂はNG

湯船につかると血行がよくなり、気分もリラックスしますよね。
ですが、熱いお湯に長時間つかると、肌が乾燥してしまいます。
美肌のためには、お湯の温度は38度以下にしましょう。

ただし、血行を良くし、冷え性を改善するには、
38~41度が良いと言われているので
季節や体質、肌の調子に合わせて、温度を調整して下さい。
極端な長風呂はなるべく避ける方が無難です。

その2)シャワーの水圧は弱めに

入浴は、シャワーだけですませてもかまいません。
シャワーを浴びるときは、水圧をなるべく弱くすると、
肌の角層が守られるので肌が乾燥しなくなります。


スポンサードリンク




その3)入浴剤を使わない

入浴剤にはさまざまな成分が含まれており、
素人には良いものか悪いものかを判断するのは難しいです。
安全性を確かめられないものを
毛穴から体内に浸透させるのは、避けた方が無難でしょう。

お風呂に何か入れたいなら
入浴剤のかわりに塩かアロマオイルを使うようにして、
入浴剤はなるべく使わないようにします。


塩には身体を温める効果があるのでおすすめです。
大さじ2、3の塩をお湯に溶かして入浴しましょう。
湯冷めしにくくなり、体中の血行がよくなると言われています。

香りが欲しいなら、アロマオイルを湯船に1、2滴たらすのもおすすめ。
香りでリラックスできますし、
水蒸気を含んだ空気を鼻からゆっくり吸うことで
鼻づまりなどの症状も改善できます。



以上、
「【湯シャン】ボディを守る正しい入浴法はコレ!アツアツの風呂は避けよう」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

湯シャンと同時にボディソープもやめる!ぬるま湯洗いがベスト!【その3】 [湯シャン式ボディケア]

数回にわたって湯シャンと同じく、
ボディも洗いすぎ、ボディーソープ断ちを行うことで
全身の肌が健康に、美しくなる方法をご紹介しています。

今回は、臭いの強い足やワキのケアについて
まとめていきます^^


スポンサードリンク




足、ワキも湯シャンと同じぬるま湯で洗う



湯シャンと同じように
ボディもボディソープを使わず、
ぬるま湯だけで洗うことで
ボディの肌も健康に美しくなります。

ですが、ボディをぬるま湯で洗う、というと
臭いの強い足やワキは無理!
と考える人も少なくないようですね。

ですが、足、ワキの臭いも
ぬるま湯で洗う方が改善するのです。



足の臭いはぬるま湯で洗うだけで
問題なく落ちます。

ぬるま湯で洗ってもしつこいニオイが残る場合は、
靴が原因かもしれません。

靴の中は高温多湿で、足についた細菌やカビが染みこんでいます。
続けてはくと、靴の臭いが足にうつってしまうため、
足が臭うようになるのです。

革靴は1日おきにはくようにし、はいた後は風を通すなどケアを忘れずに。
スニーカーは定期的に洗って、清潔にするようにしましょう。

ちなみに、足はお湯で洗うことによって常在菌が保たれ、
水虫菌などの悪い菌が繁殖しにくくなります。
足をボディソープなどで洗うと常在菌が死滅してしまい、
水虫菌などが繁殖し、ニオイも悪化するのでデメリットしかありません。


スポンサードリンク




それでも足の臭いが気になる人には、
ミョウバンでのケアがおすすめです。

ミョウバンを塗ると皮膚が酸性になり、
細菌が繁殖しにくくなって臭いづらくなるからです。



ミョウバンでのケアのやり方は以下の通り。

1)粉末のミョウバン10gを300ccの水に溶かす
2)1で作ったミョウバン水を臭いが気になる部分に直接塗る
※または、固形のミョウバンを水をつけずに直接に塗っても良い



ワキの臭いに関しても足と全く同じです。

ボディソープを使わず、
湯シャンと同じぬるま湯だけで洗う方が
臭いは抑えられます。

それでもワキの臭いが気になる場合は、
ミョウバンでのケアがおすすめですよ^^

以上、
「湯シャンと同時にボディソープもやめる!ぬるま湯洗いがベスト!【その3】」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

湯シャンと同時にボディソープもやめる!ぬるま湯洗いがベスト!【その2】 [湯シャン式ボディケア]

せっかく湯シャンをしていても、
身体にはボディソープなどを使っていたら
身体の肌は傷つく一方です。

今回は、ボディケアで洗い過ぎない方法について
ご紹介していきます^^


スポンサードリンク




ボディケアも湯シャンと同じ方法で洗おう



前回の記事で、ボディケアも湯シャンと同じように
ぬるま湯で洗うだけでいい、という話を書きましたが

それでも汗をかきやすい時期などは
心配になる方もいるでしょう。

今回は具体的な洗い方と
ぬるま湯洗いのメリットについて
以下に挙げていきますので
参考にしてください^^


ぬるま湯で洗う!ボディの洗い方

と言っても、非常に簡単で34~35度のお湯で流すだけ。
肌の健康を守るためのポイントは、
肌表面の温度と同じ34~35度のお湯で洗うという事です。
湯シャンと同じですね。

33度以下がベストではありますが、寒い日は38度くらいまでは許容範囲。
それより熱いお湯を長くあてると、肌が乾いて
かゆみや乾燥肌の原因となるので出来るだけ避けましょう。


「本当にぬるま湯だけで平気なの?」と
心配な方のために
疑問点についてまとめてみましたので
こちらもどうぞ^^


「汗の臭いや体臭もぬるま湯で落とせる?」
→落とせます。
臭いのもとであるアポクリン汗はお湯だけで落とせるからです。

「わきの下もぬるま湯だけでいいの?」
→ぬるま湯のみで洗ってください。
特に臭いが強い箇所ですが、アポクリン腺から出る汗と菌がニオイの原因。
ぬるま湯で臭いのもとは落とせますし、
ぬるま湯で洗っても石けんで洗っても、臭いの差はほとんどありません。

「足の裏もぬるま湯だけでいいの?」
→ぬるま湯だけで大丈夫。
足の裏は汗腺が多く、汗で蒸れて臭いやすい場所ですが、
ぬるま湯洗いにすることで常在菌を増やし、
皮膚を弱酸性に保つと、臭いにくくなる。


スポンサードリンク




「胸や背中もぬるま湯だけでいいの?」
→こちらもぬるま湯だけの方がいいです。
胸・背中はもっとも皮脂が多い場所でるが、
ボディソープでしっかり洗おうとすると
逆に皮脂が増え、ニキビができやすくなります。

「陰部やおしりは石けん使ったほうがいいよね?」
→いいえ、ぬるま湯だけで汚れは落ちます。
気になる尿や便の汚れ、膣の汚れもぬるま湯だけできれいに落ちます。
常在菌がいる健康な身体なら、感染症にかかることもありません。
デリケートな部分だからこそ、ぬるま湯で洗ってあげるのが安全です。

「保湿剤が入っているボディソープなら使ってもいい?」
→いいえ、ボディソープは一切使わずにぬるま湯だけにしましょう。
いくら保湿剤が入っていても
合成界面活性剤、防腐剤なども入っているので、
肌バリアが壊れて、肌を傷めてしまいます。

「石けんは使ってもいいよね?」
→できるだけ使わないようにしましょう。
肌断食(宇津木式スキンケア)ではメイク落とし
純石けんを使いますが、ボディにはメイク落としは不要です。
普通に生活していく上での汚れはぬるま湯だけで落とせます。

スポンジやタオルで洗うのもだめ?」
→スポンジやタオルは使わないようにしてください。
これらを使うとこする刺激で肌が傷みます。
手のひらで軽くこするようにして洗いましょう。

「制汗シートも使わない方がいい?」
→使わない方がいいです。
制汗シートに含まれる成分で肌が乾燥したり
肌の健康を守る常在菌が死滅するからです。
ボディソープと同じで、使えば使うほど
臭いがきつくなるのでやめておきましょう。


いかがでしょうか?

ボディも湯シャンと同じでぬるま湯洗いがベストです^^
是非今日から始めてみてくださいね!

以上、
「湯シャンと同時にボディソープもやめる!ぬるま湯洗いがベスト!【その2】」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 

湯シャンと同時にボディソープもやめる!ぬるま湯洗いがベスト!【その1】 [湯シャン式ボディケア]

せっかく湯シャンを実践していても
ボディにはボディソープやクリームなどを使い続けていては
ボディのお肌がボロボロになってしまいます。

今回は、ボディケアでも
ボディーソープを使わない、洗い過ぎない必要性について
まとめてみました。


スポンサードリンク




ボディケアも湯シャンと同じように



湯シャンをしている人であっても
驚かれるかもしれませんが、
普通に生活している範囲でついた身体の汚れは、
すべてぬるま湯で落ちます。

ぬるま湯で洗い流すだけで
肌は清潔に保てます。


ですが、多くの人がボディソープを使って
泡をたくさんたて、スポンジ等まで使って
身体をこすってピカピカに洗い上げています。

それを続けてしまうと
ボディソープに含まれている界面活性剤や
強い刺激で肌バリアが壊れ、全身がカサついてきます。

すると、肌の機能が失われ、
肌状態がどんどん悪くなっていきます。


この悪循環、多くの人がおちいっている
髪の毛のシャンプー方法と同じですよね?

身体の皮膚の構造はもちろん顔や頭皮と同じなので、
湯シャンと同じように
ボディも水で洗うのが一番。

身体から出た汚れは、ぬるま湯だけで
きれいに落とせ、臭いが残ることもありません。


スポンサードリンク




ボディソープで洗いすぎると、
むしろ体臭がきつくなるので注意しましょう。

ボディソープやボディブラシなどで
皮脂をていねいに洗い落とすと、
不足した皮脂を補おうとして、皮脂腺が活発化します。

すると身体から出る脂の量が増え、
その脂が酸化すると臭うようになり、体臭が強くなります。

さらに、酸化した脂質は肌を刺激して
炎症やかゆみを引き起こすので、
肌はますますガサガサに。

清潔にしようとして、逆に体臭が強くなり、
肌がボロボロになっては本末転倒です。

シンプルにぬるま湯だけでボディを洗っている方が、
ずっと清潔に、美しい肌を保っていられるのです。



いかがですか?

ぬるま湯だけで洗うことに抵抗を感じる人も
いるかもしれませんが、
やってみると肌の状態がどんどん良くなることを
実感できます。

是非、少しずつでいいから始めてみてくださいね^^

以上、
「湯シャンと同時にボディソープもやめる!ぬるま湯洗いがベスト!【その1】」
でした!


スポンサードリンク



タグ:湯シャン
トラックバック(0) 
湯シャン式ボディケア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。